Leather Barista レザーバリスタ ~手縫い&手作りの革細工~ ブログ

どんなご要望にもオーダーメイドでお応えします! こんなのあったらいいなを叶えるお手伝いをする、レザーバリスタは皮革製品を製作している革工房です。 http://www.leatherbarista.com/ メール:info@leatherbarista.com

ラウンドファスナー ギャルソン





ラウンドファスナー ギャルソン


小銭入れがガバッと開くギャルソンタイプのラウンドファスナーも大変人気があります。


今年から定番に加わる予定のイタリアンレザーをふんだん使いました。


当店で扱うレザーは、良く柔らかく、しかしながらくせになりそうなコシのあるイタリアンレザーです。


ブライドルレザーを使用したラウンドファスナー




ブライドルレザーって知ってますか?
元は馬の綱やクラに使われていたヌメ革にロウやワックスを厚く塗って、防水や堅牢に加工したレザーです。
一見ロウが表面に乱雑かつむき出しに出ているのを良い風合いと見なし、お財布などに使うのが非常に人気があります。
馬の綱や鞍ならば乱雑に塗ってあっても気にしませんが、財布になると別ですね。
しかし、あえてこの乱雑感は風合いと見てオシャレを楽しめます!


もちろん防水や防汚、丈夫さは屋外で使う事を前提に作られたブライドルレザーなのでバッチリです!


そのブライドルレザーを使用したラウンドファスナーのお財布を作りました。


お客様のオーダーでアウトサイドポケットも作っております。


完全フルオーダーのお財布です

 

コンチョにレースをくるくる巻いてフタを止めるタイプのウォレットです。こちらも完全フルオーダー!

内装も少し特殊でアリの深さが可動式なのです!

これなら様々な場合に収納が対応できますよ!

コインケース




マチがフタの方まで大きくついたボックスコインケースです。
大きく開いても小銭が横からこぼれてしまうのを防いでくれます!

ルイヴィトンのリメイク

ルイヴィトンのリメイクを行いました。

元の素材をなるべく使い、細かく解体し、新しい素材として使えるように加工しなおしますので手間も大変かかるのがリメイクオーダーです。
思い出や思い入れを最大限残しつつ新しい製品へとしますのでとても気を使いますが、納品した時のお客様のご要望に応えられたときはとても嬉しいものです。

三つ折りのお財布をラウンドファスナーにしました。




仕上がったラウンドファスナーはこちらです。





モノグラムキャンバスは破れが目立っておりましたのでヌメ革にて補強&隠しました。
全体的に端の部分は切り落としましたのでカードの横サイズが収まらくなり、カードポケットは縦入れに変更。

ホックボタンの穴を利用してコンチョを付けております。

小銭入れもサイズダウンしましたがそのままの状態で使っております。


続いてキーケースです。




  


モノグラムキャンバスは変形と擦れが激しかったのでスチームプレスをし、ヴィトンレザーと完全に接着しなおしました。

周囲はカガリ処理を行い、金具は磨きなおして再利用しております。

ヴィトンレザーはクリーニング&オイルアップし生まれ変わっております。

  



ルイヴィトンを解体していて本当に世界が認める技術と革素材だといつも思います。
その素材とお客様の思入れを当店にて再生させて頂けるのは本当に感謝です。

三つ折り財布

栃木レザーのグレージングナチュラルカラーを使用した三つ折りのお財布です。

グレージングとは表面を磨き加工をして鏡面のような艶をだしている皮革です。磨くことによって水や汚れの染み込み防止にもなります。

お客様のご指定によりポケットの位置や数を合わせ製作しました。

お札の仕切りは片側は縫い合わせず遊びをもたせる事により、厚みのあるヌメ革でも収納容量が広がり、長い年月使用しても形が崩れにくくしております。